華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤

代表的なハーブの一種、ジャーマンカモミール。和名はカミツレ。
青リンゴのような爽やかな甘い香りのカモミールはハーブティーでいただくのが一般的でしょうか?
お休み前に飲むと安眠効果・リラックス効果があると言われているハーブですよね。

そんなカモミールは保湿効果や炎症を鎮める効果があるそうです。
非加熱で抽出した国産カミツレエキス100%の入浴剤、
『華密恋(かみつれん) 薬用入浴剤』 -カミツレの里限定ボトル- をお試ししました。

kamituren1-1.jpg

敏感肌やアトピー肌の方にもおすすめの入浴剤です。
肌に潤いを与え、乾燥やアトピーによるかゆみ、湿疹やあせもなどの肌トラブルを鎮めます。

ボトルは長野県北安曇郡池田町の高地にある 「カミツレの里」 がデザインされた限定ボトル。
このカミツレの里で無農薬・有機肥料でのモミール栽培を行い、
敷地内にある工場で華密恋製造までを一貫して行っているそうです。

kamituren1-2.jpg

肌をいたわる成分が溶けだした天然の色、琥珀色の入浴剤。
浴槽180~200Lの湯量に対して、1回の使用は付属の計量カップで1杯50mlになります。

kamituren1-3.jpg

湯船はほのかにハーブの香りが広がるだけなので、
市販の入浴剤に慣れている人には物足りないかもしれません。

お湯はまろやかで刺激なし。
お肌の弱い赤ちゃんにも安心だというのもうなずけます。

kamituren1-4.jpg kamituren1-5.jpg

華密恋の威力は、入浴中よりも入浴後に実感しました!!
お風呂上がりは湯冷めすることなく、身体の芯からじんわりポカポカ。
いつもの入浴とは違って、その心地よい温かさが就寝中も持続します。
緊張がほぐれ身体も心も軽くなったよう。
カモミールの精神的なリラックス効果・安眠効果を体感しました。

kamituren1-6.jpg

カミツレの里では毎年6月にカミツレ花祭りが開催されるそうです。
来年観光がてらにカミツレの里に広がる満開のカモミール花畑を見に行きたくなりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する