おうちでケフィア作り

常温で作れるケフィア。
発酵適温は20~30度で、夏場は20時間~24時間程度で発酵します。

kefir1-1_20151127214232fd3.jpg

気温の低い冬場は発酵に2~3日かかる場合もあるそうです。
でも ケフィア スターターキット があれば、
発酵温度を保ちながら牛乳パックで手軽にケフィアを作ることができますよ~。

kefir1-2_20151127214234ae6.jpg

【セット内容】
ホームメイド・ケフィア(10パック入り) 1箱
紙パックホルダー              1個
ケフィアスプーン              1本
ケフィアサポーター(牛乳加温器)    1個

kefir1-3_20151127214235457.jpg kefir1-4_20151127214237c9d.jpg

1L牛乳パックを開いて「高活性ケフィア菌」を1包入れて・・・

kefir1-5_201511272142381a9.jpg kefir1-6_201511272143111fc.jpg

「紙パックホルダー」で牛乳パックの口を閉じてから上下左右よく振ります。
ホルダーのおかげで牛乳はこぼれません!!

kefir1-7_201511272143133d0.jpg

気温が20度以下に下がる季節は「ケフィアサポーター」を使うと
牛乳の温度をケフィア発酵適温25度に保つことができます。

kefir1-8_20151127214320680.jpg

24時間の保温でケフィアが完成しました!
市販のプレーンヨーグルトと比べるとカード(固まり)が滑らかです。

kefir1-9_20151127214320da0.jpg

グラノーラと果物と一緒に。
この食べ方が一番お気に入りです。^^

kefir1-10_201511272143210b3.jpg

ケフィアはヨーグルトほど酸っぱくないので、無糖でも食べやすいです。

kefir1-12.jpg kefir1-11.jpg

牛乳パック内のケフィアが少なくなってくると「ケフィアスプーン」が便利なこと!
スプーンの柄が長いのでパックの底まですくえて、しかも倒れないんです。^^v

ケフィアを使ったデザートも作ってみました。

kefir1-13.jpg

ボウルにケフィアと生クリームを2:1くらいの分量を入れ砂糖を溶かし、
溶かしたゼラチンを加えてムース液を作ります。

kefir1-14.jpg

グラスや器に果物(この日は温州みかん)を入れて、ムース液を注いで冷蔵庫で冷やすだけ。

kefir1-15.jpg

【ケフィア ムース】
爽やかなグラスデザートに変身しました。^^

ケフィアは牛乳だけでなく、豆乳を発酵させて作ることもできます!
それはまた次回のブログでご紹介しま~す。
中垣技術士事務所 ファンサイト参加中
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する